ニュース

宮城工場・会津工場の再編計画について

2016年1月19日

 

 

 当社はお客様へのサービス維持・向上、および経営効率改善による採算確保を目的として現在宮城・会津で生産しているパッケージ・設備を当社の他工場へ順次移管する計画を策定いたしました。

 

1.     再編計画策定の背景

 

当社は現在、宮城工場・会津工場にてFCBGABGAFBGA/PBGA)、リードフレームパッケージを中心に組立て、テストの業務を行っております。当社は現在まで生産効率を高めるべく、様々な施策を行い一定の効果を上げてまいりました。

しかしながら、直近の事業再編を中心とした業界構造の変化、半導体業界の競争激化に対応し、当社事業としての受注継続、および競争力のある事業として発展させるには、当該パッケージの当社他工場への移管を伴う更なる構造改革が必須であると判断しております。

 

2.     再編計画の概要 (予定)

 

当社の宮城・会津工場で生産しているFCBGABGAFBGA/PBGA)、リードフレームパッケージを主に当社の函館工場、および福岡工場に移管いたします。さらに当該パッケージ・設備の移管に伴い、従業員につきましても雇用維持を前提として順次、勤務地を変更します。

< 概念図 >

        miyagi_aizu.png

 

 

 

3.     再編スケジュール 

 

移管完了は20176月末を予定しております。

 

 

将来予測についての留意事項

 

本ニュースリリースは、米国証券法上の「将来予測についての記述」が含まれています。過去の事実についての記載以外の記載(工場の再編計画、および従業員の他工場への勤務地変更計画)は、いずれも将来予測についての記述に該当します。これらの将来予測についての記述に関しては、数々のリスク、不確実性、前提、その他の要素が影響を及ぼす可能性があり、実際の帰結は、過去の実績、予想された結論や将来予測についての記述に明示黙示に含まれている帰結と大きく異なる可能性があります。これらの記載に含まれている出来事の帰結や営業成績及び財務状況に影響を与えうるその他の重要なリスクファクターは、当社の親会社であるAmkor Technology, Inc.20141231日に終了した年度に係るForm 10-Kに記載のアニュアルレポートや本ニュースリリース前後に米国証券取引委員会(Securities Exchange Commission)に提出される届出書類に記載のとおりです。なお、当社は、本ニュースリリース後、将来予測についての記述内容を事後的に検証したり、事後的に生じた出来事や状況を反映させたりする義務を負担しておりません。

 

 

 

 

 

【株式会社ジェイデバイス概要】

 

本社所在地 :大分県臼杵市福良1913-

代表者         :仲谷 善文(代表取締役社長)

株主             :Amkor Technology, Inc. (100%)

事業内容     :半導体後工程

設立             :1970年

資本金         :約51億円

売上高         :約980億円(2015年度実績)

従業員数     :約4,700名

拠点             :臼杵地区-本社-(大分県臼杵市)
                       横浜本社-本社機能-(神奈川県横浜市)

                       北上地区(岩手県北上市)

                       函館地区(北海道亀田郡)

                       宮城地区(宮城県柴田郡)

                       会津地区(福島県会津若松市)

                       根上地区(石川県能美市)

                       福井地区(福井県坂井市)

                       福岡地区(福岡県宮若市)

                       杵築地区(大分県杵築市)

                       大分地区(大分県大分市)

                       熊本地区(熊本県菊池郡)

                       泗水地区(熊本県菊池市)

                       四日市オフィス(三重県四日市市)